今回はMoEでの防御方法について解説していきたいと思います。

まず、敵の攻撃を防ぐ手段としては、大きく分けて次の3種類です。
 ・攻撃回避スキルによる攻撃回避
 ・盾スキルによる攻撃の防御・ダメージ軽減
 ・物まねスキル「スケープゴートミミック」や強化魔法「インヴィジビリティ」等の特殊な攻撃回避

などがあります。
今回は基本となる攻撃回避スキルと、盾スキルでの防御方法を比較していきます。

・攻撃回避スキルについて

攻撃回避は敵から攻撃を受ける事により、スキルを上昇させることができます。
スキル値が高ければ高いほど、避ける確率は高くなります。
ただ、確実に避けられるという保証はありませんが、攻撃時に敵の攻撃タイミングを、余り気にせず戦えるのが大きな特徴です。(攻撃時のタイミングについては後述)
敵からの攻撃回避成功時には次のようなログが表示されます。MISS
また、攻撃回避スキルは剣や素手等の直接攻撃や、弓などの遠距離攻撃を避ける事はできますが、魔法系のスキルは回避する事ができません。
魔法系スキルは必中扱いの為、攻撃回避以外での防御方法が必要となります。
攻撃回避は強化魔法「クイックニング」や食べ物で一時的に上昇させたり、装備品でも向上させることができます。

・盾スキルについて

盾はスキルを発動する事によって、任意のタイミングで防御力の上昇や特殊な効果を得る事ができるアクティブスキルです。
スキル値が高ければ高いほど、防御力の高い盾を装備する事ができます。
盾スキルの発動中に敵から攻撃を受けると、敵からの攻撃を一定確率で無効化し、通常はダメージを軽減する事ができます。
盾による防御が成功すると、次のようなログが表示されます。TATE

GUARD

また、盾スキルによる防御が成功すると次のSS中のように「avoid」と表示されます。
これは盾スキル「シールド ガード」を使ったときのものですが、他にも「バッシュ」や「スタンガード」などといったスキルもあり、状況によって使い分ける事が可能です。
盾スキルの中には、魔法を弾き返す事のできるものもありますが、そのためには高い盾スキルが要求されます。

攻撃スキルの中には盾によるガードを無視できるスキル「ガード ブレイカー(槍スキル10)」等があり、必ずしも万能という訳ではなく、注意が必要です。


次に攻撃タイミングとカウンターについて解説します。

攻撃タイミングが敵と同じタイミングになった場合に攻撃を受けると、通常よりも大きなダメージを受けます。
これがカウンターといわれる状態です。
この時、次のようなログが表示がされます。COUNTER
では、何故こうなるのか。次の2枚のSSを比較してみましょう。

COUNTER2 COUNTER3

左側は戦闘態勢で待機中の場合、右側は敵との攻撃タイミングが重なり、カウンターを受けた状態です。
防御力が左側が13.4なのに対し、右側は12.2に下がっています。
この事から「攻撃モーション中は防御力が下がっている」事が判ります。
これを避ける為に、相手の攻撃タイミングが見えた時はこちらから攻撃せず、身構える方が無難です。

では、ここで攻撃回避スキルと盾スキルがあった場合はどうでしょうか?

攻撃回避スキルが高い場合、敵から攻撃を避けるだろうという前提であれば身構えている必要はなく、次々と攻撃を繰り出す事ができます。
ここが攻撃回避スキルの強みであり、盾による防御よりも手数が多くなる為、全体的に攻撃力も上昇します。
その反面、攻撃を食らってしまった場合のダメージは大きくなってしまいます。
盾スキルが使える場合は前述したシールドガード等を使う事で、確実にダメージを軽減する事ができます。
攻撃パターンとしては「攻撃→盾スキルによる防御→攻撃…」の繰り返しが基本になります。
盾スキルを使用している最中は攻撃できない為、安定した防御ができる反面、手数が制限されてしまいます

どちらの回避方法にも、それぞれ長所と短所はあります。
しかし「どの回避方法がベストか」というものは人それぞれです。ゲームをプレイしていく中で、自分に合った回避方法を探してみましょう。
それだけでもゲームとしての面白さになるのではないでしょうか?


初心者攻略へ戻る

TOPへ戻る


inserted by FC2 system